ホーム/探偵のお仕事BLOG/別れさせ屋工作事例:別れさせたい/不倫関係の解消・・・別れさせ屋~娘の幸せ(4)
探偵のお仕事ブログ

不倫関係の解消・・・別れさせ屋~娘の幸せ(4)

事前調査によって得た情報によって

加藤氏への接触は仕事帰りに美紀さんとのデートをしていない日に

限定される。

美紀さんとのデートは週1回~2回ほどの頻度で水・金曜日が

多くなっている。

今回加藤氏に接触する女性工作員は・・・

REIさん (27才 京都出身 167センチ 元モデル レースクイーン)

人当たりがよく、年上の男性に対しての成功実績は抜群である。

加藤氏は滋賀県出身であるため、関西出身の工作員を用意。

19時に勤務先付近にて調査員とREIさんは張り込みを開始する。

19:27 会社建物より、加藤氏が電話をしながら出てくる。

そのまま駅構内まで歩いていき、電車に乗り込みながら

電話を切る。会話の内容からすると電話の相手は奥さんで

帰りに何かを買ってきて欲しいという件と予想される。

電話を切ったあとも、ドア付近の吊革に掴まりつつ

携帯電話から目を離さずに操作している。

電車が郊外に差し掛かり、車内の乗客はまばらになってくる。

ここでREIさんが接触開始。

大きなキャリーバッグを持ったREIさんは

地方から東京に出張にきた設定である。

加藤氏が乗車している車両にREIさんが乗車。

キョロキョロとしながら加藤氏にこの電車は○○駅まで行くかを

独特の京都弁で話しかける。

一瞬驚いた様子の加藤氏だったが、REIさんを下から上まで

舐めまわすように見たあとに、にこやかに応対してくる。

普段は標準語の加藤氏は、この時は関西弁での対応であった。

お礼を行って加藤氏から離れるフリをしたREIさんへ

ニヤニヤした加藤氏からの質問攻めが始まる。

・どこから来たの?

・いつまでいるの?

・また来るの?

・俺も関西出身だよ・・。

・仕事で東京に来たの?観光?

・彼氏いるの?

など初対面とは思えぬ反応であった。

そのタイミングで携帯電話に奥さんからメールが入ったので

憮然とした表情となるが、REIさんは連絡先の交換を行い

後日の再会を約束して電車を降りるのであった。

電車を降りた瞬間から、加藤氏からのメールが始まる。

とんでもなくダメな男という印象が拭えない現場のスタッフ一同でした。

REIさんには加藤氏と関係を構築しながら、後日の再会の約束を

取り付けてもらうこととなる。

<<    >>
トップへ戻る