ホーム/探偵のお仕事BLOG/別れさせ屋工作事例:別れさせたい/別れさせたいケースの別れさせ屋工作
探偵のお仕事ブログ

別れさせたいケースの別れさせ屋工作

前回のブログではご自身が別れたいというケースについてご紹介致しました。

今回は第三者同士を別れさせたいというケースについてお話致します。

ご自身が別れたいケースと比べて別れさせたいという案件は、大きな違いは対象者が2名存在することと

元恋人や元妻、元ご主人好きな人に恋人がいるなどの状況の方が多く、別れさせた後に復縁したい、

恋人関係を構築したいなど、ゴールに向けての障害物を取り除く作業という意味合いが強いと言えます。

そしてご自身と関係がある方(元恋人・好きな人)については多くの情報を持っていても、交際相手の情報を

お持ちの方は少数派であると言えます。

その為、情報を多く持っている方の対象者の行動を追って、恋人と遭っている場面を調べ

二人が離れたあとに恋人を尾行して所在を判明させる流れとなる場合が多いのです。

しかし頻繁に会っていないケースもございます。

そういった場合は情報が多い対象者に同性の工作員が接触を行い、友人関係構築した上で恋人についての

情報を聞き出していく作業が必要となるケースもございます。

「別れさせ屋工作において対象者の情報は生き物です。」

依頼者様と対象者が関係があった頃の情報は、日を追うごとに新鮮さを失っていきます。

その為、工作を行うべきかと悩まれている内に、お持ちの情報が意味をなさなくなってしまうこともあるのです。

復縁したい、もう一度やり直したいけれども新しい恋人がいるので、どうにかしたいとお悩みの方はお気軽に

ミッションエージェントまでお問い合わせ下さい。

<<    >>
トップへ戻る