ホーム/探偵のお仕事BLOG/別れさせ屋工作事例:別れさせたい/妻と不倫相手を別れさせたい②|別れさせ屋
探偵のお仕事ブログ

妻と不倫相手を別れさせたい②|別れさせ屋

林さんの奥さんが家を出て不倫男性の家に転がり込んでから2週間が過ぎた。

奥さんは林さんが仕事に行っている時間に家に帰り、荷物を持ち出していく。

お子さん達にも事情を隠しておけず全てを話した。

高校2年生の娘さんは奥さんと連絡をとっているが、母親の行動が許せない様子だった。

中学生の息子は我関せずといった態度。

林さんは慣れない家事を子供達と分担しながら生活を続けていたのでした。

弊社は対象男性の行動を追うべく、現地に向かう。

事前情報として対象男性は石川誠一(仮名・関東在住・41才・バツイチ・子供なし・分譲マンションで一人暮らし)

まず対象男性の行動パターンを把握するための調査を開始する。

朝6:20ごろ奥さんが家を出て、マンション1階のゴミ集積場にゴミを出す。

そして7:15頃対象男性はスーツ姿で自宅を出て、最寄駅に向かう。

最寄駅から電車に40分ほど乗り、都内の某駅にて下車、徒歩5分ほどの場所にあるビルに入る。

対象男性が入ったビルは不動産会社で、その会社のホームページを見ると全国に営業所を持つ

大規模な会社であることが判明。

また対象者のFacebookを見ると、月に数回他府県に出張に出かけている様子である。

お昼になり対象男性が部下らしき男性を数名連れて、勤務先近くの蕎麦屋に入り食事。

その後、勤務先を出る様子はない。

18:51対象男性が勤務先を出て、携帯電話で話をしながら駅へ向かう。

会話の相手は奥さんらしく、帰りに買いものしたほうがいいかという話をしている。

そして20時少し前に缶ビールを数本購入して帰宅。食事は家でするようである。

23時半頃に対象男性の住むマンションの部屋の明かりが消える。

24時になった所で出てくる様子がないため調査を終了する。

その後、複数回対象男性の行動を調査するがほぼ同じような生活パターンである。

また対象男性は水曜日がお休みで、その日は奥さん(林さんの)と一緒に買い物に行くのみであった。

担当員は林さんとお会いして、これまでの状況をご説明させて頂くと共に

対象男性への別れさせ屋工作の工作員が接触を開始することをお伝えする。

次回、妻と不倫相手を別れさせたい③|別れさせ屋工作へ続く。

<<    >>
トップへ戻る