ホーム/探偵のお仕事BLOG/別れさせ屋工作事例:別れさせたい/ふられた相手に新恋人の存在③|復縁のための別れさせ屋
探偵のお仕事ブログ

ふられた相手に新恋人の存在③|復縁のための別れさせ屋

対象男性吉田氏は予備校で事務職の男性である。

依頼人小幡さんの元彼女である安田さんと交際を始めて

まだ1ヶ月ほどであるが、仕事が忙しく数回しか会えていないようである。

安田さんは寂しいのか時折小幡さんにメールをしているようである。

小幡さんは状況を知っていながら知らないフリをしながら対応しなければ

ならない状況にストレスを抱えていた。

しかし元の関係に戻るという最終目標に向けてグッと堪えるのであった。

今回の接触ポイントは吉田氏が勤務先を出て、自宅方面に向かう

電車に乗ったところで行う予定である。

今回接触にあたる工作員は・・・。

JUNさん(31才、京都出身・元モデル、元塾講師)という女性工作員である。

この工作員は対男性対象者だけでなく、対女性対象者に対しての

工作案件でも数多くの実績を残している。

そして接触当日。

21:11吉田氏が勤務先を出て、駅方向へ歩いていく。

21:18駅に到着。パスモをチャージして駅構内に入っていく。

自宅方面行きの電車が入線し、吉田氏が乗り込む。

JUNさんは隣の駅にて待機しており、スタッフより対象者が

電車に乗ったことを知らされる。

吉田氏が乗った電車がJUNさんの待機する駅に到着して

JUNさんが吉田氏の乗った車両に乗車する。

入ってきたJUNさんをチラッと見る吉田氏。

扉が締まり、車両ドアの上に掲示されている路線図を見るJUNさん。

そして近くにいた吉田氏に「この電車〇〇駅に停まりはりますか?」と京都弁で聞く。

吉田氏は声をかけられて少し驚いていた様子だったが。

「転勤で東京に来たばかりで全くわからなくて・・・。」と続けると

吉田氏は笑顔で「そうですか、関西ですか?私も大学が関西だったものですから。

この電車は〇〇駅に停まりますよ。」と答えてくれる。

そこから関西の大学の話になり、吉田氏も楽しそうに話し込む。

そしてJUNさんが降りる駅で一緒に吉田氏も電車を降り

改札を出て、近くの居酒屋に入る。

1時間ほど居酒屋で飲み、「東京で困ったことがあったらいつでも連絡して下さい。」と

お互いに連絡先の交換をして二人は別れる。

すっかり吉田氏にご馳走になったJUNさんは、吉田氏にごちそうさまでしたの

メールを送ると、そこからメールの応酬が寝る間際まで続くのであった。

次回、ふられた相手に新恋人の存在④|復縁のための別れさせ屋工作へ・・・続く。

<<    >>
トップへ戻る