ホーム/探偵のお仕事BLOG/別れさせ屋工作事例:別れさせたい/割り切れない恋愛|二股関係解消の別れさせ屋④
探偵のお仕事ブログ

割り切れない恋愛|二股関係解消の別れさせ屋④

ここは歓楽街のある居酒屋。

半個室になっているこの店の一室で工作員MOMOさんと

女性対象者牧野氏が飲み始めて2時間が経過していた。

最初の30分ほどはファッションについての話が主だったが

いつしか恋愛、結婚観についての話になっていた。

まず驚いたのは牧野氏は彼氏が二股をしていることを知っていた事である。

彼は私にバレていないと思っているが、2年ほど前(依頼人白井さんと彼との

関係が始まった当初)から彼の様子がおかしいことに気が付いていたのである。

でも彼との交際も長かったので問い詰めたりすることはせず、放っておいたとの

ことであった。

女性対象者牧野氏はサバサバした性格で、男っぽい印象だが彼の二股には

悩んでいるらしく、女性らしい弱さも時折見せるのであった。

こんな気持ちのまま、彼を信じて結婚は考えられない、他にいい男がいれば

考えちゃうというのが牧野氏の本音であった。

聞き上手である工作員MOMOさんが、うまく牧野氏の本音を引き出したのである。

「あっそう言えば私の友達が誰かいい人いないか紹介して欲しいって言ってたから

今度セッティングするから2対2で飲みに行こうよ。」とMOMOさんは「いいねぇ。」と快諾する。

その日はこの後翌朝まで二人は飲み明かしたのである。

聞き出した話を担当員が依頼人白井さんに伝えると、私と同じ気持ちでいたんだ・・・と

驚いていたが、もう迷いはないようであった。

早速MOMOさんは2対2の飲み会の日程を決めて、男性工作員2名の選定に入ることとなる。

次回、割り切れない恋愛|二股関係解消の別れさせ屋工作⑤へ・・・続く

<<    >>
トップへ戻る