ホーム/探偵のお仕事BLOG/別れさせ屋工作事例:別れさせたい/割り切れない恋愛|二股関係解消の別れさせ屋⑥
探偵のお仕事ブログ

割り切れない恋愛|二股関係解消の別れさせ屋⑥

対象者牧野氏と工作員TOKIさんの関係を日を追うごとに

深くなっていった。

元々、彼(男性対象者黒田氏)が別の女性と二股をかけていることを知りながら

知らないふりをしてストレスを溜めながら交際を続けていたこともあり、

別れるきっかけ(いい男が現れれば)があれば、すぐにでも黒田氏との関係を

解消したいと思っていた。

そんな時に工作員MOMOさんを介してTOKIさんが現れたのである。

牧野氏が後にMOMOさんに語った話では、今の彼との結婚の話が現実味を

帯びてきて、早く違う男性を見つけなければ、不信感を持ちながら流されて

結婚生活を送らなければならないことに焦っていたとの事であったので

牧野氏はTOKIさんとの関係構築に積極的であった。

そしてTOKIさんとの出会いから2週間後、TOKIさんとのデートの時に

今の彼氏と別れるから一緒に来て欲しいと言われ、黒田氏と3人で会い

牧野氏と黒田氏は別れることになった。

その際に、黒田氏が違う女性と関係を持っていたことをずいぶん前から知っていて

それがストレスだったことを牧野氏は黒田氏に打ち明けた。

黒田氏は最初牧野氏、TOKIさんに対して高圧的な態度であったが

その話を聞いて、別れを承諾したのである。

対象者2名が別れることになった日に黒田氏は依頼人白井さんを呼び出している。

その時に本命の彼女と別れたことを話してくれ、彼女に男ができたことで

白井さんのツラい気持ちが理解できた、申し訳ないと謝罪されると共に

白井さんとの関係を大事にしていきたいという言葉をかけてもらったということであった。

しかし、黒田氏の立場で考えると彼女にふられたショックや反動で白井さんに対して

優しくしているかも知れないので、その言葉を100%受け取らないように担当員は

話しました。

それから数ヵ月後・・・、白井さんから担当員に連絡が入り、無事に彼の両親に挨拶に行き

結婚に向けて具体的に動き出したことを知らせて頂いた。

2番目から始まった恋が1番に昇格したのである。

でも・・・1番の座に居続けることが最も難しいのである。

これからが白井さんにとっての頑張りどころになるであろうと思いながら

お幸せにと白井さんにお伝えするのであった。

割り切れない恋愛|二股関係の解消の別れさせ屋工作・・・終わり

<<    >>
トップへ戻る